信頼性の高い医療情報はどこにあるのか?

Service

2016.11.30 Wed. 

Businesswoman with hands on head standing back to camera against lungs with arrows doodle

真偽不明な医療情報、トンデモ医学と言わざるを得ないヘルスケア情報で大炎上し、11月29日21時に全記事非公開となったWELQ(ウェルク)

WELQに限らず、ネット上には玉石混交の医療情報、ヘルスケア情報が溢れている。偽物ほどそれらしく語られ、トンデモほど検索上位にあがりがちな悲しい現状。利用者側も信頼できる情報とそうでない情報を見分けるリテラシーが求められるとはいえ、専門性も高い医療情報の目利きは至難の業。特に悩みの深さから検索する医療情報は、真偽のほどはさておき、ワラにもすがる思いで飛びつきたくなってしまうことも多々あるだろう。

そんな中、信頼性の高い医療情報のみを検索できるサービスが登場した。それが、Twitterユーザーのロットンさんによる↓の検索サービスだ。
http://www.lifefuckers.com/entry/2016/11/29/Medi-Search

たとえば、「赤ちゃん アレルギー」で検索したところ、トップに出てきたのは独立行政法人環境再生保全機構のページ。その次もクリニックのページだった。

他にも医師や医療関係者が信頼できるサイトをまとめて発信している。
たとえば、小児科医の森戸やすみ先生によるこちらのコラムなどがある。

健康、さらには生死にまで関わる医療情報。トンデモ医学や、なんちゃって医療は淘汰されていくべきだが、利用者側も上記サイトなどでリテラシーを磨いていかなければならないのかもしれない。

Share