「スカルプD」だけじゃない! 予防医学を牽引するアンファー株式会社の快進撃を追う

Product

2017.03.07 Tue.  黒沼由紀子

頭皮環境を整えてくれる男性用シャンプー「スカルプDといって聞いたことがない人はあまりいないだろう。男性用シャンプー部門年間売上7年連続1位(2016年)という大ヒット商品だ。この商品を手がけるのはアンファー株式会社(東京都千代田区)。主にエイジングケア商品の研究・開発・販売を行っている。

スカルプD」が有名だからといって、シャンプーだけの会社ではない。「予防医学のアンファー」の名のもと、「人生を楽しむ医学」を実践。アンファー研究所の医師たちの研究成果をオリジナルドクタープロダクツとして、次々世の中に送り出している。今年1月には「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ ナチュラル レシピ)」という食品シリーズがスタート。生活習慣アプリのリリースや、男性専門外来のメンズヘルスクリニック東京と提携した医師監修の男性のヘルスケアに特化した情報サイトも斬新だ。予防医学を根底としたアンファーの快進撃をレポートする。

170万臨床データと15人の医師による研究チーム
「スカルプD」大ヒットを支えた開発体制

アンファーの創業は1987年。創業以来のコンセプトは「すべての人々に『美』と『健康』を提供すること」。エイジングケア・ライフスタイルの実現を支援することを企業理念とし「予防医学のアンファー」を掲げている。ここでいう「予防医学」とは「人生を楽しむ医学」だそうだ。いつまでも美しく健康に満ちあふれ「理想の自分」に近づけるような人生を提供することをコンセプトとしている。

㊧スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー [超脂性肌用] SD12、㊥【薬用シャンプー】スカルプD 薬用スカルプシャンプー オイリー [脂性肌用] SD12、㊨【薬用シャンプー】スカルプD 薬用スカルプシャンプー ドライ [乾燥肌用] SD12 各¥3,900(税込)
アンファーはいち早く頭皮を専門的に扱うクリニックの臨床データに着目。データを積み重ねていくと、健康な髪のためには頭皮の環境が大切であることが見えてきた。そこで、ドクターとともに頭皮環境を整えるためのシャンプー開発に着手。これがのちに大ヒット商品「スカルプD」というシャンプーに発展していく。初代「スカルプD」が医療機関向けから一般市場に出たのは2005年。ネット販売で着実にファンを増やし、2008年からは有名芸能人をCMに起用。爆発的な売り上げとなった。常に最先端を追究し、170万の臨床データを基に15人のドクターたちと研究を続け、毎年リニューアルを重ねている。男性シャンプー市場7年連続シェア第1位(2016年)という快挙だ。

2008年からは女性向けの「スカルプD レディース」も展開し、2011年に「スカルプD ボーテ」として全面的にリニューアル。こちらの売り上げもインターネット、店舗ともに順調な売れ行きだ。

㊧【薬用シャンプー】スカルプD ボーテ 薬用シャンプー [ボリューム]、㊨【薬用トリートメント】スカルプD ボーテ 薬用トリートメントパック [ボリューム] 各¥3,900(税込)

「スカルプD」の成功を新規マーケットへ

女性向けで一躍新規マーケットを見出したのは、2012年発売開始の「スカルプDの目元美容液シリーズ」だ。「スカルプD」の実力をまつ毛や眉毛に応用し、まつ毛美容液やマスカラ、アイライナー、眉毛美容液など多数展開。薄毛とは無縁と思われた学生もターゲットとなった。こちらも売り上げは好調。ネットの口コミサイトやインターネットショッピングモールなどで“殿堂入り”を果たすほどだ。最近では大人向けに目元エイジングケアを考慮した高価な価格帯のバージョンも販売。幅広い顧客層それぞれに応じた商品戦略を欠かさない。

【まつ毛美容液】スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ¥1,730(税込)

男性向けで注目なのが「スカルプD」のサプリメントやプロテインだ。体の内側から環境を整えることを目的としている。亜鉛やファイブ・アルファ・アールといったサプリメントに加え、2015年から発売された男性向けの髪のためのプロテイン「スカルプD サプリメント AGAメンズプロテイン」が好調。髪はフサフサ、筋肉もムキムキという理想の男性像を目指し、全身の健康を考慮したものだ。これにより、「スカルプケア(食品)市場※」でのシェアを拡大し、堂々の1位(2016年)。この市場全体も対前年比122.2%と大幅増。成長分野への着手はぬかりない。

※育毛、薄毛や白髪などの改善効果をコンセプトとした、サプリメントやプロテインなどの内服型商品(食品)市場
スカルプD サプリメント AGAメンズプロテイン(ヨーグルト味)¥4,200(税込)

このプロテインを共同開発したのが、日本の発毛医療のパイオニアとされるメンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)。アンファーが「治療医学」の現場とし、提携している男性専門外来だ。ここで得られた臨床データを商品開発に生かし、アンファー製品で臨床現場をサポートするという相互関係が成立している。研究機関だけでなく、クリニックも擁している。これこそが、アンファーの強みだ。
ちなみにメンズヘルスクリニック東京ではAGA専門外来をはじめ、男性更年期専門外来、男性妊活外来、男性皮膚専門外来など男性特有の症状に対して診療を行っている。女性外来のクリニックは数多あれども、男性外来に特化したクリニックというのは非常にめずらしいこと。まだまだ認知度が低いとされる男性更年期に着目し「病院に行きづらい」という男性心理的負担を軽減してくれる、先進的なクリニックの今後に期待したい。

テストステロン(男性ホルモン)に着目し男性の外見と内面を医療によってサポート。男性の健康を支えてくれるメンズヘルスクリニック東京は東京・丸の内に所在

アンファー研究所では健康寿命を延ばす方法は予防医学にあるとし、大学病院や医療機関の医師たちと抗加齢医学を共同研究。成果の発表や、商品・サービスの開発を行っている。製品としての「予防医学」と臨床現場の「治療医学」の二軸を立て、相乗効果を促しているのがアンファーの特長といえる。

Share