海外ヘルスケアITの最新動向を知るーヘルスケアIT2017

Opinion

2017.03.22 Wed.  HEALTHCARE Biz編集部

「テクノロジーが変えるヘルスケアの未来」をテーマに、ヘルスケアIT分野で国内最大級の規模の一大イベント「ヘルスケアIT2017」(主催:UBMジャパン株式会社)が、2017年4月19日(水)~21日(金)に東京ビッグサイトにて開催される。

超高齢化社会の到来、40兆円を超える医療費、高まる予防医学の重要性――。山積する医療・ヘルスケアの課題に対し、ビッグデータやAI、ロボット、ウェアラブル端末、モバイルヘルス、情報ネットワークといったIT・テクノロジーは、どのようなイノベーションを起こせるのか。100以上のセミナーと展示にて、最新テクノロジーとノウハウが紹介される。

出展者は、スタートアップから大企業、医療機関、大学までバラエティに富んだラインナップ。医療機関、医薬品、医療機器からモバイルヘルス、ヘルステックまで、ヘルスケア関連企業が一堂に会し、「テクノロジーが変えるヘルスケアの未来」を描く3日間となる。

今回、HEALTHCARE Biz編集部が注目したのは、米国やヨーロッパなど海外のヘルスケアITの最新動向がわかるセミナー。編集部が興味を持った4プログラムをピックアップした。いずれも参加は無料だ。

1 グローバルトレンドを掴むなら・・・

ヘルスケアITのグローバルトレンド 【日本語講演】
2017/04/19 10:30 ~ 11:15

スリーロック株式会社
代表取締役社長
ジェフリー B.シュナック 氏

現在日本においては地域包括ケアシステム、遠隔医療の推進を背景に病院、製薬会社をはじめとする企業さらには政府及び自治体においても、デジタルの導入、推奨のトレンドが顕著になっています。
Stanford大学「Medicine X」や、パリ国際会議 「Doctors 2.0™ & You」で講演をおこなったスピーカーが、米国、アジア、ヨーロッパのヘルスケアITの先行事例の解説をおこないます。(本講演は日本語で実施します。)

2 アジア10か国の消費者ニーズをつかむなら・・・

アジア10ヵ国における消費者のセルフメディケーション行動、価値観とニーズ
-弊社実施10ヵ国消費者調査から
2017/04/19 13:00 ~ 13:45

株式会社アンテリオ
取締役 グローバル調査事業統括
佐々木 岳 氏

アジアでは国により、人々の生活意識や、医療、セルフメディケーションに関する意識と行動には大きな違いがみられる。国によっては格差も大きい。また種々の症状におけるセルフメディケーションへのニーズや充足度の違いも多くみられる。
こうしたニーズの中には将来もっと満たされる余地のあるものもあろう。
弊社実施の10ヵ国消費者調査データから、こうした消費者の医療・セルフメディケーションへのニーズの傾向を考察する。

3 フィンランドのヘルスケアイノベーション事例を知るには・・・

【逐次通訳】 フィンランド発イノベーション – 医療技術やライフサイエンスにおけるビジネス機会を、次世代通信技術5Gと共に促進させるオウルヘルスとは
2017/04/20 10:15 ~ 11:15

ビジネスオウル
ライフサイエンス産業担当責任者
ヘイディ ティカンマキ 氏

フィンランドオウル市は、オウルヘルスという産学官が協力して進める独特なエコシステムコンセプトを持つ街として知られ、病院内で次世代通信ネットワーク5G を用いた試験を可能にした最初の街でもある。オウルヘルスは、ヘルスケアセクターにおけるイノベーション加速、ヘルス技術におけるビジネス促進に対して新たな機会を提供する為に、最先端技術と健康を融合させることを目的としている。

4 国内外のモバイルヘルス事例を幅広く知るなら・・・

モバイルヘルスの成功要因(海外事例紹介)
2017/04/20 13:00 ~ 13:30

スポルツ
健康ビジネスメディア
(HealthBizWatchmHealth WatchHealth App Lab)ディレクター
渡辺 武友 氏

モバイルヘルスを使って収益化させるため、国内外の参考事例とそのポイントをご紹介。

セミナー受講や来場申し込みはこちらから。「テクノロジーが変えるヘルスケアの未来」を体感したい。

Writer Profile

HEALTHCARE Biz編集部 HEALTHCARE Biz

ヘルスケアの今と未来がわかる『HEALTHCARE Biz』編集部です。

Share
Share