禁煙治療は治療アプリ+IoTデバイスへ 株式会社キュア・アップ、ポータブル呼気CO濃度測定器を開発

Technology

2017.05.01 Mon.  奥田由意

7割が失敗している禁煙治療にIoTデバイスと治療アプリが変革を起こそうとしている――。

薬剤を使う治療、医療機器を使う治療に次ぐ第三の治療行為として、アプリケーションを使った治療を目指し、治療用アプリを開発している株式会社キュア・アップでは、このほど禁煙治療の患者のためのIoTデバイスである、ポータブル呼気CO濃度測定器を自社開発した。
てのひらサイズで、97gと軽量。かつ写真のとおりデザインも洗練されている。しかもBluetoothでデータをスマートフォンに送信できるのは世界初だ。

キュア・アップはかねてより慶應義塾大学と共同開発している禁煙治療のアプリケーションと、この呼気CO濃度測定器をセットにして、2017年中に治験開始を予定。2018年に薬事法の承認、保険償還を目指している

この機器を使えば、いつでもどこでも呼気のCO濃度を測定可能。呼気のCO濃度を測り、その数値が8未満であれば、自己申告よりはるかに高い信頼性で禁煙できていると判断できる。

CO測定器をデモンストレーションする佐竹氏。機器の筒部分に息を吹き込むとリアルタイムでスマートフォンにCO濃度が表示される

実際、「自己申告」のみの禁煙成功率と「呼気CO値」で確認された禁煙成功率の差は約2倍の差があり、測定がもたらす正確性への意義は大きい
その測定が通院しなくとも可能なるため、測定機器がポータブルになったことは利便性の面で大きな進歩と言えるが、それに加え次の三つの点で画期的だといえる。

まず、もっとも大きな意味は、このIoTデバイスができたことで、「禁煙治療が遠隔診療として保険償還される可能性が生まれる」(キュア・アップ代表佐竹晃太氏)ことにある。

少し背景を説明しよう。
2015年に厚労省が遠隔診療の解釈を変更し、より広く遠隔診療が認められる素地が整った。

しかし、禁煙治療が遠隔診療として保険償還の対象になるには、現在の保険償還の条件となる6つの条件をクリアしなければならない。遠隔診療においては患者の呼気CO濃度の測定器を備えていることは、どうしても超えられないハードルだった。
呼気CO濃度測定器は常時持ち歩けるサイズのものはなく、高価で重さも2倍。患者は通院し、病院に備え付けのデバイスを使って、測定するほかなかったからだ。

それが今回の機器の開発で、患者は自宅でも呼気CO濃度を測定でき、最後の条件もクリアできたことになる。禁煙治療は通院しなくても、保険対象で行える道が開かれたのだ。

第二に、遠隔診療で禁煙治療ができれば、「通院できない期間にも治療介入でき、治療効果の向上が期待できる」(佐竹氏)ことも大きい。

従来の通院治療プログラムでは約3ヶ月のあいだに5回の通院で治療が完了する。しかし、患者が禁断症状や離脱症状でもっともつらい、1ヶ月もある通院と通院の空白期間に、心理的なニコチン依存への対処が不十分なことから、禁煙外来の3ヶ月・5回の外来を全て通院できる患者は全体の3割程度にすぎず、1年成功率も3割程度にとどまっている。

キュア・アップの治療アプリでは、医師が診断内容や患者の医学的な情報をアプリに入力し、患者は毎日、体調や禁煙できているか、どれくらい吸いたいか、薬を飲んだか、副作用はないかなどを入力する。

アプリはそれらの情報をアルゴリズムで解析し、患者の状況に応じた適切なガイダンスをその都度返す。また医師にも患者のデータとその都度適切な治療方針の示唆が返される。このように治療の空白期間を埋め、患者の禁煙継続を支え、治療の成功に結びつけることがよりたやすくなる。ポータブル呼気CO濃度測定器で毎日呼気CO濃度を測定し、自己申告のデータに加えて客観的なデータがBluetoothで自動的にアプリに送られることで、高い精度で治療が進められるのは言うまでもない。

第三にコスト面でも大きな意義がある。従来の機器は1台15万円。とても気軽に患者が購入できる価格ではなかった。ポータブル機器の価格は治療アプリとセットであっても、現在の呼気CO濃度測定器より遥かにリーズナブルな価格で提供できるという。従来よりも治療成績が見込めるうえ、コストも抑えられるので、コスト効果は絶大だ。より大きな文脈でも、禁煙10年以上の人は禁煙5年未満の人より、年間の医療費が約8万円安くなっており、国家的な「医療費削減へのインパクトも大きい」(佐竹氏)。

現在、禁煙治療外来を行っている医療機関は1万7000箇所。そこでの普及をめざし、治験ならびに保険償還に向けて、関係各所と協議を重ねているという。医師が処方する禁煙治療のアプリとしては日本初。2018年の市販化に向けて手応えも十分な模様で、IoT時代の新たな禁煙治療の幕開けといえそうだ。

キュア・アップは、医師が処方するアプリケーションによる治療を標榜し、現役の呼吸器内科医師であり、MBA/MPHホルダーでもある佐竹晃太氏が、やはり現役医師でありながらプログラミングも行うことができる鈴木晋氏と2014年共同設立。今回リリースした禁煙アプリとデバイス以外にCureApp脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療アプリ、東京大学医学部付属病院と共同開発 、臨床研究中)、法人向けモバイルヘルスプログラム:ascure(アスキュア)禁煙プログラムも開発中。

本サイトでも事業内容や起業の経緯について取材している。>>「アプリが治療する未来」に挑むキュア・アップ ――禁煙、生活習慣病から、肺がん、アトピーまで可能性は無限大

※5月1日発表のプレスリリース
遠隔診療において禁煙治療の呼気一酸化炭素(CO)濃度測定を可能にするIoT デバイス「ポータブル呼気CO 濃度測定器一体型治療アプリ」を開発

禁煙治療を行う呼吸器内科。全国の常勤求人の一覧はこちらでチェック!
Share