「メガネ」で測る あなたはいつ、どこで最も集中するのか? JINS MEMEで始まる働き方改革

Product

2017.06.01 Thu.  松田ひろみ

徘徊するお年寄りは、身につけるものを忘れていたとしても不思議とメガネをかけることだけは忘れないのだという。さようにメガネは体の一部といっても過言ではない。眠るとき以外は常に身体とともにあるアイテムだからこそできることは何なのか———。JINS MEME(ジンズ・ミーム)が提案する、メガネによる人間の「集中」の計測と、それによる働き方改革の効果測定の可能性を紹介する。

メガネに内蔵した6軸の加速度・角速度センサーと
眼電位センサーで目の動き、姿勢を計測

「パンツの次に人が長く身につけているもの。それがメガネなのです。しかもパンツとは違って、メガネは大体同じものを毎日使いますよね。そして目は身体の中でも高い位置にあり、つねに頭と一緒に動いている。そういう特性のあるアイウエアだからこそできる新しいことは何かを考えたときに、メガネそのものを活動量計にできないかというアイディアが出てきました。それも量ではなく『質』を測る活動量計、いうなればホワイトワーカーのための『脳の活動量計』です」

JINS MEMEグループ・マネジャーの井上一鷹さんはこう語る。

このJINS MEMEは定価39,000円(+税)とメガネにしては高額な部類に入るが、それもそのはずで、メガネのつるの部分には6軸の加速度・角速度センサーが内蔵されており、鼻パッドには3点式眼電位センサー(特許取得済)が埋め込まれている。それによってメガネをかけているあいだの人間のまばたき、視線移動、姿勢のログを一日中取りつづけることができるのだ。

 

ドライバーの眠気の可能性を推測することや
ランナーのフォーム矯正にも役立つ

これまで視線を計測する技術といえば、カメラを用いて目の動きそのものを撮影する必要があった。ところがその方法では、カメラをどこかに備えつける必要があり、また撮られているということを人間が意識せざるをえない。またカメラのバッテリー容量の問題もあるため、一日中ログをとりつづけることはたやすくない。

だが、JINS MEMEは眼球の動きを撮影するのではなく、眼球のわずかな電位差をパッシブに受け取るだけなので、消費電力が少なくて済む。夜眠っているあいだに充電しておけば、ただメガネをかけているだけで意識することなくまばたきと視線移動、そして姿勢の計測を日中ずっと続けられるのだ。

でははたしてこの技術を何に役立てることができるのか? この試みはいくつかの分野で進みつつある。

一つはドライブ領域。自動車の運転中、ドライバーのまばたきの回数と強さをとらえることで、居眠り運転を検知できないかという研究がすでに行われている。覚醒の度合いが下がってきたタイミングで、運転手にアラートを出す、休憩を促すといったフィードバックができれば、居眠り運転による交通事故を減らすことができる。

また、もう一つはフィットネス領域。運動中の姿勢を計測できるため、正しい姿勢が保てているのか、体軸がずれていないかなどを数値化できる。それによって、どのようにフォームを矯正すればよいのかというフィードバックが容易になるという。

これまで不可視だった
オフィスワーカーの「集中」を計測

だが、さらに踏み込んでJINS MEMEが測ろうとしているのは、ドライバーの眠気やランニングフォームといった、わかりやすく知覚できるものばかりではない。これまで可視化されることのなかった人間の「集中」を、JINS MEMEは見ようとしているのだ。

まばたきの回数と強度を測定することで、没頭しながらもどの程度リラックスして作業を進められているのか、また身体全体の傾きをとらえることで作業中に美しいフォームを維持できているかどうかを、JINS MEMEは専用アプリと連動して数値で表現してくれる。

この集中についての計測アルゴリズムは、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授の協力を得て開発してきたという。川島教授はかねてより、認知症のお年寄りの視線の動きが健常な人のそれとは異なることに注目しており、その気づきがこの研究開発にとって大きなヒントとなってきた。

このJINS MEMEの集中度計測を、昨今トレンドとなっている「働き方改革」の効果測定ツールとして活用できないか、すでに複数の企業で導入やフィジビリティが始まっているという。

>>NEXT 「働き方改革」の効果測定方法とは?
「働き方改革」を推進する産業医の選任は
「エムステージ産業医サポートサービス」へ!
Share