乳がん治療のイノベーションが1位。6月の人気記事ランキング

Opinion

2017.06.29 Thu.  HEALTHCARE Biz編集部

2017年6月の「HEALTHCARE Biz」人気記事ランキングをレポート。3D心臓モデル、痛くない注射針…といったメディカルイノベーションに関わる記事のランクインが目立つ中、1位となったのは、小林麻央さんを襲った乳がんの治療に関する画期的なイノベーションでした。

第5位
院内ポリスが伝授する モンスターペイシェント対策

ある調査によると、モンスターペイシェントに対応した経験があると答えた医師は7割近くにものぼり、なかには「月に1度以上」という医師も1割強存在する。それでも、医師はまだマシかもしれない。患者とより身近に接する職業である看護師の場合、日常的にモンスターの脅威にさらされ、ストーカーや暴力行為の被害を受け、退職に追い込まれるケースが少なくない。>>続き

第4位
目指したのは「蚊」。
痛くない注射を実現する植物樹脂製ランセット針

注射針が誕生したのはおよそ150年前。発明されてからずっと、注射針は金属でできていた。株式会社ライトニックス(兵庫県西宮市)の創業者、福田光男氏は、今から15年前、植物樹脂製の針の開発を始めた。植物樹脂に目をつけたのは、手術糸のように体内留置できないかと考えたからだ。どうせ開発するなら痛みを極限まで減らしたい… >>続き

第3位
先天性心疾患の赤ちゃんを救え!
内壁までもリアル!心臓3Dモデル開発奮闘記

タイムリミットはたったの3時間という赤ちゃんの先天性心疾患手術。種類が多いうえに構造が複雑なため、実際に手術を始めて心臓を開いてみなければわからない場合も多い、リスクの高い手術だ。その成功のカギを握るのが、リアルなモデルによる術前シミュレーション。着想から実に30年以上を経て誕生した心臓3Dモデルの開発ストーリー。>>続き

第2位
看取り大国ニッポンの在宅医療
【医療資格を持たない医療のプロ『PA』が生まれた必然】

超高齢化社会の到来を前に地域包括ケアシステムが整備されつつある今、核となる『在宅医療』の現場では、何が求められているのか。ベテラン医師も衝撃を受けた、やまと診療所の『PA』という独自の職種について取材した。『PA』の実態と、その職種が生まれるに… >>続き

第1位
世界初!「陽子線で乳がんを治療」
不可能はこうして可能になった

世界初の「切らずに治す乳がん治療」の臨床試験が大きな進展を見せている。それが、ピンポイントでがん細胞を死滅させることができる陽子線による乳がん治療だ。一般の患者さんへの適用はまだ先だが、乳がん治療を大きく変える可能性を秘めたビッグプロジェクト。その開発の現場…>>続き

医師のお仕事探しなら、求人数最大級の『Dr.転職なび』『Dr.アルなび』へ!

Writer Profile

HEALTHCARE Biz編集部 HEALTHCARE Biz

ヘルスケアの今と未来がわかる『HEALTHCARE Biz』編集部です。

Share
Share