えっ、こんな部位でストレス測定? 息、唾液、音声、髪…、新たな測定方法が面白い!

Technology

2017.07.03 Mon.  黒沼由紀子

ストレス社会ニッポン。職場で、家庭で、人間関係で…あらゆる場面でストレスを感じることは多いだろう。とはいえ、どのくらいストレスを感じているかを客観的に説明するのは難しい。そんな中、ストレスを可視化・定量化してくれる測定方法が続々と登場していることはご存じだろうか。体のあんな部位やらこんな部位など測定材料は多種多様! 研究中のものからスマホアプリとしてサービス中のものまで、驚きの測定方法を紹介する。

測定方法1:息から
呼気中のアンモニア濃度でストレスを検知

2017年5月に行われた第11回ITヘルスケア学会学術大会にて、呼気でストレスを検知できる可能性を示唆するデータが発表された。富士通研究所国立病院機構東京医療センターとの共同研究の成果だ。

富士通研究所が開発した呼気中のアンモニア成分だけをすばやく測定できる携帯型呼気センサーを用いて、呼気中のアンモニア濃度が、唾液中のストレスマーカー濃度と高い相関を持つことを示した。

ストレス性疲労が蓄積すると呼気中アンモニア濃度が低下し、逆にストレスから解放されると濃度が上昇することから、ストレス状態を測定できる根拠とする。富士通研究所は今後、センサーをウエアラブルデバイスなどに発展させ、日常的に手軽に測定できることを目指す。

測定方法2:唾液から
口にくわえて60秒。アミラーゼ値から測定

今すぐにストレスを測定したい方には唾液採取がおすすめ。唾液に含まれる消化酵素のアミラーゼはストレスを受けて興奮状態になると多く分泌されることを利用し、口にくわえて約60秒で測定可能な機器がある。歯科医院で検査できるところもある。

測定方法3:指から
スマホカメラに指当て30秒!皮ふの色変化から測定
COCOLOLO(スマホアプリ)

スマホカメラに指を当てて皮ふの色変化(輝度変化)から脈波を検出し、心拍のゆらぎからキモチの状態を8つに分類。キモチの状態に応じたクーポンや音楽などをリコメンドしてくれるスマホアプリだ。Lifescore Quickという専用機器によるサービスも展開中。各企業の人事部にも採用されている。(関連記事:スマホカメラに30秒! 簡単にキモチを“見える化”  社員のメンタルケアに効く健康経営向けサービス

スマホカメラに指をon!心拍数から測定
ストレススキャン(スマホアプリ)

スマホカメラに指をあてて心拍数の変化からストレスを測定。医学的に実証されている「短時間心拍変動解析」のガイドラインをもとに開発されたアプリだ。約2分間の測定で、心拍数が高い、あるいは変動がほとんどない場合は、交感神経が優位でストレス指数は高く、逆に心拍数が低い、あるいは変動が大きい場合は、交感神経と副交感神経のバランスが良く、ストレス指数は低いと診断される。

測定方法4:音声ハイブリッド型
音声変化から心の状態を見える化
心のオルゴール(スマホアプリ)

自治体向けにすでに実績のある音声型のストレスチェック・サービスを基にスマホ向けサービスを実現。3方向からストレスをチェックする。

①音声から: いくつかの言葉を読み上げることで、声に現れる心の状態をチェック。
②視覚から: 表示される写真からイメージする言葉を選ぶ。統計データにもとづくオリジナル分析。現れる写真の組み合わせは5,000通り以上。
③質問から: 米国で提唱され、日本でも広く利用されている問診形式のテストをもとにしたQ&A項目。

チェック中にはやさしいオルゴールの音色が奏でられ、心の健康に関する豆知識も紹介されている。

開発したのは音や音声をキーテクノロジーとしたソリューションカンパニー・アニモ。富士通株式会社のベンチャー第一号企業として1994年8月に創業され、法人向けのコールセンター録音システムや音声作業指示による検査など、自社開発の音声・音響技術には定評がある。監修には東京慈恵会医科大学 精神医学講座 主任教授の繁田雅弘氏、東京慈恵会医科大学名誉教授の米本恭三氏、有限会社イソップ 代表取締役 語感分析士育成会 代表の小松輝幸氏が携わった。ダウンロード課金は¥240。

測定方法5:髪、爪から
コルチゾール分泌量から測定!ストレスの時期もとらえられる

時期をさかのぼってストレスを計測できる研究もされている。対象は髪の毛。薬物乱用やドーピング検査にも用いられる技術を応用して、毛髪内のコルチゾール(ストレスホルモン)の分泌量を評価する。髪の毛は1カ月で約1cm伸びるため、根元部分を測定すれば直近1カ月のストレスが、毛先であれば長さの分だけ過去のストレスが分かる。

同様にして爪からストレスを測定する方法も研究されている。毛髪と比べて構造的な劣化が少なく採取が簡単なため、汎用性の高さが期待されている。

*   *   *

ストレスとの付き合い方は、現代社会を生き抜く必須スキル。自分に合った方法で、ストレスを視覚化する習慣を身につけてみては?

\職場のストレス対策、進んでいますか?/
エムステージ産業医サポートサービス」で産業医の選任を!
Share